沖縄県公共交通活性化推進協議会 わった~バス党
バス討論

はじめてバスに乗った時のこと、覚えてますか?
バス停で浴びた木漏れ日を、覚えていますか?
誰にでもひとつはバスにまつわる思い出を
持っていることでしょう。
そんなバスにまつわるあなたの思い出を、
ラジオドラマにしました。

バスの思い出と聞くと、ふたりの息子がまだ小さい時のことを思い出します。

ワタシと主人が出会ったのは、15年前の東京。
それからすぐにおつきあいがはじまり、結婚、そして出産。
ところが、主人の家庭の事情で、
主人の生まれ故郷、沖縄に移住することになりました。

その時、長男は2歳、次男もまだ6ヶ月。

ちいさな子どもを連れての沖縄での新生活は、想像以上に大変。
運転免許のなかった私はバスが主な移動手段……ですが、
小さな子ども二人を連れての移動は本当に重労働。

ゆかり:はあ、はあ、すいません、乗りまーす!

ある日、子どもを連れてバスに乗り込んだ時。
バスは満席でしたが、席を譲ってもらい、
席に座ることができました。
ただ、その隣に座っていたのは、
アクセサリーをジャラジャラとつけた、ある外国人。
目が合ってなんとなく会釈したら、
ツンと目をそらして窓の外を見始めました。

席に着いた安心感と、買い物帰りの疲れで
ついウトウトしてしまったワタシ。
どれくらい経った頃でしょう。

次男:オンギャー……オンギャー

急にぐずりだした次男。
ぐずるとなかなか泣き止まない次男は、
その時もどれだけなだめてもなかなか泣き止みません。

ゆかり:すみません…

周りに謝りながらあやしていると、次は…

長男:ウェーン、ウェーン!

次男につられて長男まで。

長男:ウェーン、ウェーン!
次男:オンギャー……オンギャー
ゆかり:もう泣かないで……お願いだから。

お互い引き合うように、さらに重なる2人の声。
それを聞いて私まで泣き出しそうになった時、
ふと隣の外国人の方と目が合いました。
すると、2人の重なりあう大きな泣き声に耳をそばだて
ニコッと笑顔で。

外国人:OH! シンフォニー!

その瞬間、周りの人の、そして私の顔も一斉にほころびました。
今でもバスに乗ると、いつも思い出す、あの一言。

外国人:OH! シンフォニー!

さあそろそろ、晩ご飯の時間。
早く準備しないと、うちのウーマクー2人の
「ハラヘッター」のシンフォニーが聞こえてくるから。
頑張るぞ!



バスの窓から外を見下ろすのが、大好きでした。
なぜなら小さい時、ぼくは本当に小さかったから。

小学生のころは、6年間ずっと、学年でも1番のチビ。
そしてクラスメートのマドカは、学年でも背が高く、

マドカ:あれ? ひさしは? どこ?
あ、ここにいたんだ! 小さいからわからなかった〜


と、いつもからかっていました。
そんな男勝りのマドカを見上げることしかできないから
世界を見下ろせるバスの光景が好きだったのかも。

その頃ぼくは、週に一度、月曜日
バスで隣町のピアノ教室に通っていました。

夏休みのある日、ピアノ教室に向かうために
ぼくがバス停に行くと
あのマドカが、バスを待っていました。

ひさし:あ、マドカ……どうしたの?
マドカ:おう、ばーちゃんの家に泊まりに。ひさしは?
ひさし:あ、ピアノ教室…。
マドカ:ピアノ通ってるわけ? へえ、知らんかった!

ニヤニヤとぼくの顔を眺めるマドカ。
これ以上関わらないようにと無視を決め込み
入道雲の浮かぶ空を見あげていると

マドカ:まだバス来ないよね? ちょっと待っとけよ。

言い残すと、走ってどこかに行ってしまったマドカ。
しばらくすると、アイスを2本持って走って戻り…

マドカ:うり! アイス食べれ! うち商店だから、持って来た。
ひさし:あ……でも俺お金ないから。
マドカ:いいよ、お金は!
ひさし:でも……
マドカ:じゃあ、今度ピアノ聞かせて!
そのピアノの演奏料な! あそこの木の下で食べようぜ!

木陰の下の芝生に座って、
二人で並んで食べたアイスは、とても美味しかった。
食べながらマドカはいろんな話をしてくれた。
そして隣に座ってアイスを食べるマドカは
大きな入道雲のせいなのか、
小さなぼくからしても、いつもみたいに大きくは見えず
ちょっと女の子に見えた。

夏休みが終わると、マドカはいつものマドカで
相変わらずいつもぼくをからかっていた。

ただかわったことは、ぼくがそのアイスが大好物になったこと。
中学に入り、身長が伸びて他の男子を追い抜き
高校生になり、大人になって、結婚して子どもができても
うちの冷凍庫には必ずそのアイスが買い置きしてある。
そうそうピアノは趣味として、今でもまだ続けている。

そして、今も変わらないがもうひとつ。
ウチでピアノの演奏を妻に聴かせたとき、
「演奏料」といって冷蔵庫からアイスを持って来てくれる、
あのバス停で見せた妻のちょっとやんちゃな笑顔です。



全員:せーの、じゃんけんぽん!
ケンジ:あー! また負けた!
キョウコ:あはは! ケンジかならず最初、グー出すのに!
ケンジ:キョウコ、先に言えー! 自分ではわからんし!
キョウコ:じゃあ次のバス停まで、カバンよろしくな!

小学校の放課後。
キョウコ、ケンジ、そして僕、ユウキのいつもの日課は
鞄持ちのじゃんけん。
同じ団地に住んでいる3人は帰り道が一緒。
じゃんけんで負けた人が、バス停からバス停までの1区間、
3人分の荷物を持つという遊びだ。

キョウコ:ケンジ、遅い! 早く来い!
ケンジ:はー、到着! でーじきつい!
キョウコ:次はもっときついぜ! 地獄坂〜!
ケンジ:あー!そうだった!

通称、地獄坂。
見上げるようなその坂は、下校コースの中でも一番の難所。

ケンジ:よし! もう絶対グー出さないからよ!
キョウコ:いくぞ、せーの、
全員:じゃんけん、ぽん!
キョウコ:あー!
ケンジ:いぇーい! またグーでしたー!
キョウコ:マジか!
ケンジ:じゃあカバンよろしく! ユウキ、先行っとこうぜー!

こうして僕はケンジと一緒に次のバス停へ。
ただ、手ぶらになったとはいっても、さすがは地獄坂。

2人でひいひい言いながら急な上り坂を登っていくと。

ケンジ:はあ、はあ、あーきつい!
キョウコ:おーい! 遅いよ〜〜!
ケンジ:は? キョウコ、何で先にいるば!?
キョウコ:裏技裏技! バ、ス、乗ってきた!
ケンジ:バス乗ったば? インチキ!
キョウコ:別にバス乗ったらダメってルール、ないしー。
ケンジ:えー!
キョウコ:よっしゃ、次のじゃんけんいくぜ。 せーの!
全員:じゃんけん、ぽん!
ケンジ:あーーーー!
キョウコ:いぇーーい! ケンジの負けー!
よし、ユウキ、先行こうぜ……あれ?

ふと気づくと、ケンジの姿がありません。
見上げると、いつの間にかバス停に停まっていた
バスの窓から顔を出しているケンジ。

キョウコ:ケンジ、何してるば?
ケンジ:上り坂きついから、バスで行く!
別にバス乗ったらダメってルールないんだろ! イェーイ!
キョウコ:……別によ、バス乗ってもいいんだけど……
ケンジ:だけど?
キョウコ:このバス、団地行きじゃないよ。
そこの十字路で曲がって、名護に行くんだよ。
ケンジ:マジ!? キョウコ〜、ユウキ〜、先言えよ〜〜〜〜〜!!!
キョウコ:行ってらっしゃ〜い

ケンジ:運転手さん、停めて〜〜〜!



マナミ:次は〜、あいちゃんの家の前〜、あいちゃんの家の前〜。

月曜日の朝。
一足先に仕事に出かけた妻に代わり、
娘のマナミを車で幼稚園に送っている途中。

マサル:へー、あいちゃんはあそこに住んでるのか。
マナミ:そうだよー。お降りの方はボタンを押してください。

マナミは先週の金曜日、幼稚園の体験学習でバスに乗ったらしく
今日も車に乗るなり、幼稚園の帽子をハンドルに見立てて
くるくる回しながら、バスの運転手ごっこ。

マナミ:降りる人いませんかー。
マサル:運転手さん、いないみたいですね。
マナミ:はーい、それでは出発しまーーす。

いつも幼稚園にマナミを送るのは、妻の役目。
だからこうして、ちいさな運転手さんと過ごす
幼稚園までのひと時は、とても楽しく、新鮮でした。

マナミ:あのさーふぅん、この前バス乗ったときさ、ふぅん
アイちゃんがさー、バスの運転手さんにさ、ふぅん。
「バスの運転手にはどうしたらなれますか?」
って聞きよったわけ。
そしたらさー、ふぅん。運転手さんがさー、
「お父さんお母さんのお手伝いをちゃんとしていたら
なれます」って言いよったわけ。
マサル:そうなんだー。
マナミ:だけどさー、それ、嘘だと思うってば。
マサル:え? なんでウソだと思うわけ?
マナミ:まずさー、運転するのって、免許が必要さー。
お手伝いしてもお小遣いはもらえるけど、
運転の免許はもらえないって、マナミは思うわけ。
マサル:あい、マナミは免許も知っているの? すごいね!
マナミ:まなみもうすぐ6歳だよ!免許くらいわかるさー。
マサル:そうか、もう6歳だもんなー。
あい、6歳だったら好きな男の子とか、いるんじゃない?
マナミ:好きな子? あー、いっぱいいるよー。
マサル:い、いっぱい?
マナミ:サトルーでしょー、コーキでしょ、
ヤースー……あーでもさ、ヤースーは好きじゃないなー。
マサル:好きじゃない? 嫌いなの?
マナミ:違うー! 好きの上! 愛してるわけ!
お母さんが、好きの上は、愛してるって!
マサル:あ、ああ、そうかー、でもな、お父さんは、あれだなー。
愛してる、っていうのはちょっと早い気がするなー。
まだ6歳なんだから、男性に「愛してる」っていうのは
マナミ:お父さん、さっきから意味わからん。
マサル:意味、わからん……。

そして、車はあっという間に幼稚園に。すると。

マナミ:次はー、どうぶつ園前〜。どうぶつ園前〜。
マサル:マナミ、どうぶつ園じゃなくて、幼稚園だよ〜。
マナミ:お父さん、思うんだけどさーふぅん。
幼稚園ってさ、キリン組とパンダ組とぞうさん組と
コアラ組ってあるさ。
こんなにどうぶつがいたら、幼稚園より
どうぶつ園って呼ぶ方がいいと思う。
マサル:あはは、そうだな!

そんなマナミの発想に、
「子供ってみんな、天才なんだなー」と感心しきりの
朝のひと時でした。

マナミ:どうぶつ園前、降りる人はボタンを押してくださ〜い。
はーいおりまーす! ピンポーン!

※このページは“わった~バストークSHOW”内で紹介された、バスにまつわる物語を紹介しています。
※【FM OKINAWA 87.3】毎週月曜日7:45ごろ〜
※皆様からのエピソードを募集しています。

このぺージの先頭へ