沖縄県公共交通活性化推進協議会 わった~バス党
News & Topics
#

2022-08-30

JCOMM賞:ダブル受賞記者会見

日本モビリティ・マネジメント会議実行委員会の審査の下、「沖縄県公共交通活性化推進協議会」がJCOMMマネジメント賞、「わった~バス党」の取り組みがJCOMMデザイン賞を受賞いたしました。

JCOMM賞のJCOMMとは日本モビリティ・マネジメント会議の通称となっており、毎年、モビリティ・マネジメントの実践的な「一連の持続的マネジメント」の中で、交通に関する諸問題の解消に向けて「効果的に推進」されている団体を対象に授与される賞です。

令和4年度においても、マネジメント賞に2団体、プロジェクト賞に1団体、デザイン賞に2団体が受賞しており、5つの受賞のうち、沖縄県での取り組みが2つの賞を受賞いたしました。

マネジメント賞を受賞しました「定時速達性に優れた基幹バスシステムの導入をはじめとする沖縄県公共交通活性化推進協議会の取組」については、平成19年に「沖縄県公共交通活性化推進協議会」を組織し、その後の「基幹バスシステムの導入」に向けた取り組みが評価されました。
実行委員会からは、“15年間継続”して“広域の交通マネジメントを高い戦略性のもと”で実施し、“地域交通のマネジメントを実現している一連の取り組み”として評価されております。
   
デザイン賞を受賞しました、「禁断の検証動画 基幹急行バスVS乗用車 早いのはどっち!?」については、「わった~バス党」にて制作した企画動画で、実行委員会からは、動画による公共交通の魅力度発信、バスと車の所要時間比較という切り口など、斬新な方法が取り入れられ、デジタル動画によるコミュニケーションのポテンシャルを拡げるための大きな可能性のあるデザインツールとして評価されました。

JCOMM賞:ダブル受賞記者会見

JCOMM賞:ダブル受賞記者会見

JCOMM賞:ダブル受賞記者会見

#

このぺージの先頭へ