沖縄県公共交通活性化推進協議会 わった~バス党
バスで健康

人生100年時代。メタボや生活習慣病など病気の要因を抱え込まず、楽しく豊かに人生を楽しみたいですよね。わった〜バス党からあなたの健康、そして生活習慣を変えるヒントをお届けします。

沖縄クライシス
〜あなたの健康は大丈夫?〜

2002年、沖縄の男性が長寿全国一から26位へ転落し、40歳以上の男性3人に1人がメタボとなったことで提唱された「沖縄クライシス(危機)」。その数年後には65歳未満の働き盛り世代の死亡率である「早世率」も全国一に。提唱者の田仲医院院長・田仲秀明先生は、「県民の健康状況にさまざまな危機が起こり、意識を変えてもらおうと名付けました」と話します。

あれから約20年―――。状況はほとんど変わっていません。肥満率は全国より高く、働き盛り世代の職場における健診結果の有所見率(異常が見つかる率)は、8年連続で全国ワースト!(厚生労働省沖縄労働局令和元年7月発表)
 健康長寿の島・おきなわはいずこへ?

肥満者の割合
出典:平成28年度沖縄県県民健康・栄養調査

そこでわった~バス党は立ち上がりました!バスやモノレールなどの公共交通を健康づくりに活用するムーブメント「脱メタボ バスで健康!」を提唱します!
「私はバス停まで歩いて200歳までちゃ~がんじゅ~を目指すよ~!(ゆうこ)」「県民みんなで、バスで楽しく健康づくりできたらいいはずよ~!(ばん)」
 あなたもわった~バス党といっしょに「バスで健康!」を目指してみませんか?

まずはカラダを動かそう!
~ウォーク&ライドのすすめ~

徒歩5分のコンビニにもクルマで行く“歩かないウチナーンチュ”。県民意識調査によれば、約8割が運動不足を実感していながら、半数は実践ができていません。運動しない最大の理由は「時間がない」でした。

運動不足に対する意識
出典:平成29年度県民の体力・スポーツに関する意識調査、沖縄県
運動やスポーツをしなかった理由(複数回答)
出典:平成29年度県民の体力・スポーツに関する意識調査、沖縄県

忙しくて時間がない、ジムに通うお金もない。それならウォーキングが手軽!通勤や通学、移動の手段をバスやモノレールなどの公共交通機関に変えるだけで、バス停や駅まで歩くだけで、自然にウォーキングができますよ。

また、田仲先生によれば、運動には単純なカロリー消費だけにとどまらない、さまざまなメリットがあるそう。バスを使えば毎日続けられますよ。

<運動によって期待できるさまざまな効果>

  • 筋力や体力が身に付く
  • 肥満やメタボ、糖尿病などの予防や改善
  • 動脈硬化や心疾患、脳血管疾患など生活習慣病の予防
  • ロコモティブシンドロームや認知症の予防
  • 遺伝子の負のスイッチを解除できる効果

(親の代からの肥満や、生活習慣による病気のリスクなど)

毎日の歩数を自然に増やすには?
~バスでダイエット実現!?〜

運動がなかなか習慣化できない…そんな時こそバスやモノレールなどの公共交通機関の出番です!たとえば通勤や通学、移動の手段を公共交通にすると、バス停や駅まで10分や20分歩くだけで、自然と運動量が増やせます。運動は短い時間でも続けることでさまざまな健康効果があり、通勤とセットにすると無理なく続けられます。

また、こんなデータもあります。クルマで15km離れた場所へ移動する場合、消費できるカロリーはわずか102キロカロリーで、これは少なめごはんの半杯分です。一方、バスなどの公共交通を使うと消費カロリーが2倍以上に!これを1年間続けると、燃焼できる脂肪の重さは約4.5㎏にもなります。いつの間にかダイエットができるなんて、最高ですよね!

15km離れた場所に行く時の消費カロリー
出典:JCOMMホームページMM関連資料集

バスは無料のトレーニングジム
~バスフィットネス動画公開中!~

通勤や通学、移動の手段を公共交通に切り替え、自宅とバス停やゆいレール駅との往復を歩くだけで、いつの間にかウォーキングができ、運動量が増えるというお話をしました。でも、それだけじゃないんです!バス停でバスを待っている間や、バスに乗っている時も運動ができるって知ってましたか?しかもお金は1円もかかりません。

わった~バス党では、法人党員「スポーツパレスジスタス」さんのご協力のもと、バスを利用する際にできるカンタンでヘルシーなフィットネスの紹介動画を作成しました。バス停への移動、バス待ち、バス車内などのフィットネスチャンスで、すぐに始められるエクササイズばかり。
――――――さぁ、あなたもバス利用で”レッツ!バスフィットネス”!!

このぺージの先頭へ